12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
伝統の「浴衣」でクールビズ 人気急上昇
ファッション性アップ 街着、接客…
 道路に打ち水、街歩き、接客も…。職場でのクール ビズがもてはやされる中、日本の伝統着、浴衣の人気が急上昇している。大阪の百貨店では女性用、男性用ともに売り上げを大きく伸ばし、御堂筋で打ち水運動を行う市民団体は、浴衣姿の打ち水娘を募集。銀行などでは浴衣での接客も定着してきた。見た目にも涼しい浴衣が、クール ビズ人気に後押しされて、徐々に広がりつつあるようだ。(加納裕子)
 大阪高島屋(大阪市中央区)によると、女性用浴衣の売り上げは昨年に比べ10%増加。クール ビズ人気に後押しされてか、男性用は約40%も増えた。広報・IR室は「従来の素材は綿が多かったのですが、綿麻混紡や涼しい合成繊維が登場し、より薄くて涼しくなっています」。
 今年は特に、薄いデニム生地の浴衣など、ファッション性が高い浴衣が人気で、「見た目にも涼しい街着として定着しつつあります。男性からは“和”の良さが見直されつつあるようです」という。
 大阪市信用金庫本店(同)は十九日から、天神祭にあわせ、女性が浴衣姿で接客をスタート。同金庫広報室は「見た目が涼しく祭りムードも盛り上がる。クール ビズを意識して、店内も涼しげに見える飾り付けをしています」。
 「浴衣で打ち水」を提案するのは、NPOなどでつくる大阪打ち水大作戦本部の須知裕曠本部長(58)。昨年夏、都会のヒートアイランド現象を緩和しようと、御堂筋で約二千人が一斉に打ち水を行う「大阪打ち水大作戦」を実施し、気温を平均一・七度下げることに成功した。
 二回目となる今年は八月十日。三年前に浴衣姿の打ち水を見て感激した須知本部長は「浴衣でするといっそう風情があり、涼しさを感じられる」と浴衣姿を推奨しており、「普段から男性も女性も浴衣で打ち水を。涼しくて風情のある街になります」と強調する。
 現在、大作戦の実施に先駆けて、「打ち水娘・打ち水男」も募集。二十日までの応募を書類審査し、二十七日、浴衣姿での公開最終審査を大阪市内で行う。浴衣で美しい打ち水を行える人を選ぶといい、須知本部長は「老若男女を問いません」。
 最近、大阪・ミナミの商店街でも浴衣姿の人が徐々に増えつつある。四年前から「浴衣での街歩き」を提唱してきたという商店主らは、最近の浴衣の流行に手応えを感じているという。「浴衣の人が増えるとにぎやかな雰囲気になる。祭りだけでなく、普段も浴衣でミナミへ」とアピールしている。
(産経新聞) - 7月19日15時22分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050719-00000022-san-bus_all
hiroshi | [ニュース]その他 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(59) | pookmark |
中国で10歳の大学生誕生へ
すげぇなあの一声。
人口多いと天才もぎょーさんいらっしゃるのですかねぇ。

 【北京=末続哲也】天津日報(電子版)などによると、中国東北部・遼寧省の少年、張●煬君(10)が、小中高校で飛び級を繰り返した末、6月に行われた大学進学のための全国統一試験(日本の大学入試センター試験に相当)で高得点を上げ、志望大学の1つ、天津工程師範学院に合格する見通しとなった。

 進学が実現すれば、中国で最年少の大学生が誕生する。(●は火へんに「斤」)

 張君は、2歳で漢字を1000字以上マスター。5歳で小学校に入り、2年で卒業した。7歳で中学校に入学すると、2年間で高校生並みの知識を習得し、9歳で高校3年に飛び級してしまった。身長143センチで、バスケットボールやサッカーなどが好きな少年という。

 中国では5年前に12歳児が湖南大学に合格。昨年には14歳の少年が北京大学大学院に入学した。
(読売新聞) - 7月19日23時15分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050719-00000014-yom-int
hiroshi | [ニュース]その他 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「自分嫌い」な子供たち 中学生の半数以上 心の意識調査
ちなみに俺も嫌いですが。。。
自分の生きてる意味が見出せない・・・


疲れる」7割、「キレるかも」5割
 中学生の半数以上が「自分が好きではない」ととらえ、小中学生の七割近くが疲労感を、さらに五割近くが「自分はいつかキレるかもしれない」と感じていることが、民間の教育研究団体「麻布台学校教育研究所」(原崎茂所長)が実施した「今子供たちの心の中では」と題した小中学生の意識調査で十七日分かった。山口県光市の高校爆発事件や東京都板橋区の社員寮管理人夫婦殺害事件など、各地で児童生徒による殺傷事件が相次ぎ、そのたびに「命の大切さ」や「心の教育」が繰り返し叫ばれるが、同研究所では調査結果から、子供たちが「自分が好き」という自己肯定感をはぐくむ大切さを訴えている。
                  ◆◇◆
 調査は今年一月から二月にかけて都内や神奈川県、神戸市の小学五年生四百人と中学二年生六百五十四人の合計千五十四人に実施。思春期の子供の「心の中」に迫った調査は珍しい。
 「自分が好きではない」と回答したのは小学生が男子23%、女子31%。中学生は男子50%、女子63%で、中学生の半数以上が自己肯定感を持てないでいることがうかがえた。
 「疲れる」と思うことがある子供は、小学生が男子67%、女子70%、中学生は男子66%で女子は87%だった。「自分はいつかキレてしまうかも」と思ったことがあるのは小学生が男子50%、女子が54%、中学生は男子36%、女子が54%だった。
 女子小学生で「疲れる」と「キレるかも」と答えた児童の関係をみると、「とても疲れる」と答えた子供の70%が「キレるかも」と答え、逆に「全然疲れない」という子供は38%。こうした傾向は小中学生共通で、疲労感を持つ子供ほど「キレるかも」と自覚する割合が高かった。
 また、自己肯定感とその他の回答との関係では、小中学生共通して、自分を肯定的にとらえている子供ほど、そうでない子供に比べ、「目標を持っている」「自分には良いところがある」「自分はクラスの中で役に立っている」「家庭内で助け合っている」などの質問への回答が高い傾向がうかがえた。
 調査結果について同研究所は、「『疲れた』『キレるかも』の多さは意外だった。自分が嫌いという回答の多さも中学生が反抗期や思春期であることを踏まえても、気になる結果だ。個々の児童生徒は実に多様で、一律に論じにくい面は無論あるが、今回の調査では子供が自らたくましく生きていくうえで礎となる自己肯定感について興味深い結果も得られたと思う。自分が好きだと素直に思える気持ちを養う教育者や親の心がけは、大変重要ではないか」と話しており、子供が自己肯定感をはぐくむうえで(1)将来への夢や目標、希望をもてるか(2)自分の長所への自覚があるか(3)自分の存在が他人のために役立っていること−の三つが大きな要素となると分析している。
 麻布台学校教育研究所は、小中高校の退職校長や現職教員、教育委員会の元職員らが昭和五十八年に設立した教育研究団体。学校教育をめぐり提言をしている。
(産経新聞) - 7月18日2時32分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050718-00000000-san-soci
hiroshi | [ニュース]その他 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
ディスカバリー打ち上げ延期、燃料センサーに誤作動
 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=笹沢教一】米航空宇宙局(NASA)は13日午後、同日午後3時50分(日本時間14日午前4時50分)に予定していたスペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げを延期すると発表した。

 打ち上げ直前に、外部燃料タンク内の液体水素の枯渇を示すセンサーの誤作動が確認されたため。延期が決まった時、日本人宇宙飛行士・野口聡一さん(40)ら7人の乗組員はすでにシャトルに乗り込んでいた。

 NASAによると、センサーの電子回路の部品に問題がある可能性があるという。原因究明には、一度注入した燃料を抜き取り、数ある回路から異常部品を探すなどの作業が必要なため、早くても打ち上げは16日午後(同17日午前)以降になるという。

 作業が長引く場合、シャトルを発射台から組み立て棟に戻す必要が生じ、打ち上げが9月に延期される可能性もある。

 外部燃料タンクのセンサーは今年4月の試験でも同様の誤作動を起こしており、部品を交換している。
(読売新聞) - 7月14日8時7分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050714-00000002-yom-soci
hiroshi | [ニュース]その他 | 08:14 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
「青田買い」→「青田刈り」など、中高年ほど“誤用”
 「青田買い」よりも「青田刈り」、「汚名返上」よりも「汚名挽回(ばんかい)」など、本来とは異なる慣用句を使う人が、中高年に多いことが12日、文化庁が発表した国語に関する世論調査で判明した。

 若者の方が正しい使い方をする人が多く、文化庁は「中高年は言葉を知っているがゆえに、混同してしまうのでは」と分析している。

 調査は、今年1〜2月に、16歳以上の3000人を対象に実施。「青田買い」「汚名返上」「伝家の宝刀」の3語について、正しい表現と本来とは異なる表現のどちらを使うか聞いた。その結果、「青田買い」を使う人が29・1%だったのに対し、34・2%は「青田刈り」を使うと回答。「汚名挽回」も44・1%で、「汚名返上」(38・3%)を上回った。本来の「伝家の宝刀」は41・0%で、「天下の宝刀」(25・4%)を上回った。

 年齢別に見ると、30代以下では、「青田買い」が多いが、40代でほぼ同じ割合になり、50代で逆転。「汚名返上」も、10〜20代は正しく使う人が多かったが、40代の5割が「汚名挽回」とした。

 文化庁によると、「青田刈り」は、辞書によっては容認しているが、「汚名挽回」「天下の宝刀」は誤用とされる。若者に“模範解答”が多かったことについて、文化庁は「授業で取り上げられることが多いからでは」としている。
(読売新聞) - 7月12日23時5分更新
hiroshi | [ニュース]その他 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
1008面体、17億円のダイヤ
清らかな輝きを放つこのダイヤモンド、何と1008面体、17カラットで時価は17億円。デイアナサン(本社・仙台)が完成させた。「人間技を超えた」と同社。ギネスブックに申請する(8日、都内のホテル)(時事通信社)19時54分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050708-02566834-jijp-soci.view-001&kz=soci
hiroshi | [ニュース]その他 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<訃報>永島慎二さん67歳=漫画家 「漫画家残酷物語」
「漫画家残酷物語」というタイトルが気になります。
読んでみたいなぁ。


 「漫画家残酷物語」「フーテン」など人生哲学的な作品で60年代から70年代にかけて若者に支持された漫画家、永島慎二(ながしま・しんじ、本名・真一=しんいち)さんが6月10日、心不全のため死去していたことが分かった。67歳。東京都杉並区の自宅で倒れているのを家族が発見し、搬送先の病院で亡くなった。葬儀は家族だけで行う予定。喪主は妻小百合(さゆり)さん。
 52年「さんしょのピリちゃん」で14歳でデビュー。61年の「漫画家残酷物語」は漫画に青春をかけた青年たちの姿を描いた。独特の感性でつづる私小説的な作風は熱烈な支持を得、教祖的存在となった。60年代は新宿でフーテン生活を続け、ライフワークとなる「フーテン」を生む。64年に虫プロに勤務し、テレビアニメの制作に携わる。67年から「柔道一直線」(梶原一騎原作)を途中まで手がけた。妥協しない生き方を貫き近年は寡作だった。72年「花いちもんめ」で小学館漫画賞、74年「漫画のおべんとう箱」で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。
(毎日新聞) - 7月6日11時35分更新



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050706-00000054-mai-peo
hiroshi | [ニュース]その他 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パチスロ不正防止装置を不正に設置、店長らを書類送検
 警視庁保安課は5日、東京都公安委員会の承認を受けずに、不正行為を防ぐ機器を勝手にパチスロ機の内部に取り付けたとして、葛飾区四つ木のパチンコ店「パーラー西陣四ツ木店」の男性店長(53)ら2人と、同店を経営する「大洋観光」(埼玉県草加市)を、風営法違反(遊技機の無承認構造変更)の容疑で書類送検した。

 同社の山田茂則社長(62)は、全国約1万6000店のパチンコ店が加盟する業界団体「全日本遊技事業協同組合連合会」の理事長を務めている。

 調べによると、店長らと同社は昨年10月、都公安委の承認を受けないまま、店舗内のパチスロ機4台の内部に、スタートレバーを押す際に発信される電気信号のタイミングを遅らせる機器を取り付けた疑い。

 調べに対し、店長は容疑を認めている。山田社長は「管理が行き届かず、反省している」と話しているという。
(読売新聞) - 7月5日21時19分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050705-00000314-yom-soci
hiroshi | [ニュース]その他 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「オタク検定試験」8月実施へ
 “オタク知識度”を認定する「第1回全国統一オタク検定試験」が来月実施されることが4日、分かった。アニメ、ゲーム、同人誌など東京・秋葉原で人気の“アキバ系”ジャンルに関する設問を中心に出題され、合格者には認定証を発行する予定だ。オタクビジネス市場が急拡大する中、異例のオタク査定試験となるだけに、すでに大反響。主催の同人系情報誌は「21世紀を担う『オタクエリート』の育成が目的」と大まじめだ。

 「第1回全国統一オタク検定試験」は、同人誌やアニメ、ゲームなどのオタク文化を扱う情報誌「マガジン・エルフィックス」(ビブロス刊)が主催。問題は8月5日発売の同誌「Vol・005」号(定価580円)の付録として発表され、大学入試を思わせる16ページ前後の本格的冊子になる予定だ。

 設問は、選択肢形式などの50問程度になる見込み。同誌に付いている解答用はがきに答えを書いて主催者側に送付すればエントリー完了。採点の結果、同誌が成績上位者を「合格者」として同誌10月5日発売号で発表し、認定証も発行するという。同誌を購入すれば、参加制限は特にない。

 オタクには鉄道、プロレスなど多数のジャンルがあるが、第1回試験では同人誌、ゲーム、アニメ、コミックマーケット(コミケ)など、秋葉原などで人気の「アキバ系」ジャンルに関する設問が中心となる。同誌編集部は「今やオタクは日本が世界に誇る文化。新世紀は『オタクの時代』と言っても過言ではない。正しく美しいオタク知識を身に付けた人物『オタクエリート』の育成とオタク文化の発展を目的として、開催することにした」と実施理由を説明した。

 問題は、同誌編集部が、有名アニメ・同人誌サークルなどの協力を得て作成。4月発売号の同誌では「模擬試験」として例題を掲載した。そこでは「家庭用ゲーム機概論」「コミケ概論」などといった異色の“科目”に分かれ、過去のコミケのサークル参加数推移グラフを掲載した上で「グラフ中の『ア』の部分では参加サークル数が激しく変化している。理由を1行程度で述べなさい」などの“一般市民”にはさっぱり分からない難問が並んでいる。

 すでに反響も大きい。6月下旬ごろから、秋葉原では有名同人誌店などで告知ポスターを掲示しており話題に。また「OTAK」という通称名のサイトも立ち上げている。「反響の大きさに驚いている。『OTAK』サイトは1日で1万以上のアクセス数の日もあるほど」(同誌)。同誌では「反響次第で、今後は会場やネット上で同時に試験を行うことも視野に入れている」と話している。果たして「オタクエリート」の登竜門となるか注目だ。

[2005/7/5/08:39 紙面から]


http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-050705-0003.html
hiroshi | [ニュース]その他 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
途上国エイズ治療、WHO局長「目標達成は困難」
 世界保健機関(WHO)のジム・ヨン・キムHIVエイズ局長は4日、神戸市で開かれている第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議で、途上国の患者に対する薬物治療計画の実施が、購入資金や指導医師の不足から遅れており、「目標は達成できそうにない」との見通しを明らかにした。

 この治療は、3種類の抗ウイルス薬を組み合わせた薬物治療(ART)で、先進国では標準的な治療法となっている。WHOと国連合同エイズ計画(UNAIDS)は2003年末に、このARTを「緊急に治療が必要な、途上国の感染者の半数(300万人)に対し、2年以内に実施する」との計画を発表し、普及に努めてきた。

 しかし、タイやカンボジアなど一部の国を除き、アジアのARTの普及率は10%未満で、6月末現在の治療者数は全途上国で約100万人にとどまっているとの現状が発表された。

 その理由としてキム局長は、多くの国で薬を購入する資金が足りず、治療薬を患者の手元に届けるための保健医療体制や検査体制、患者が薬を適切に使うよう指導する医師が不足していることを挙げた。
(読売新聞) - 7月4日12時41分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050704-00000004-yom-soci
hiroshi | [ニュース]その他 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/2PAGES | >> |